2010年08月28日

宅建 過去門 1996(37−2)

次に掲げる法人のうち、宅地建物取引業の免許を受けることができるものはどれか。

(2)B社−その代表取締役が、刑法の暴行罪で罰金の略式命令を受け罰金を納付したが、その刑の執行を終わった日から5年を経過していない。続きを読む
posted by 宅地建物取引主任者 at 01:23| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 宅建勉強過去問等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宅建 過去門  1996(37−1)

次に掲げる法人のうち、宅地建物取引業の免許を受けることができるものはどれか。

(1)A社−その支店の代表者が、刑法の傷害罪で懲役1年執行猶予2年の刑に処せられ、刑の執行猶予の言渡しを取り消されることなく猶予期間を満了したが、その満了の日から5年を経過していない。続きを読む
posted by 宅地建物取引主任者 at 01:03| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 宅建勉強過去問等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宅建 過去門  2000(42−4)

次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。
(4)宅地建物取引業者は、宅地建物取引業法第49条の規定に違反して業務に関する帳簿を備え付けなかったときでも、罰金の刑に処せられることはない。続きを読む
posted by 宅地建物取引主任者 at 00:44| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 宅建勉強過去問等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宅建 過去門 2000(42−3)

次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。
(3)宅地建物取引業者は、その業務に従事する者であっても、アルバイトとして一時的に事務の補助をする者については、従業者名簿に記載する必要はない。続きを読む
posted by 宅地建物取引主任者 at 00:29| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 宅建勉強過去問等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宅建 過去門 2000(42−2)

次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。
(2)宅地建物取引業者は、その業務に関する帳簿を、各事業年度の末日をもって閉鎖し、閉鎖後5年間当該帳簿を保存しなければならない。続きを読む
posted by 宅地建物取引主任者 at 00:21| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

宅建 過去門 2000年(42−1)

次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。
(1)宅地建物取引業者は、その業務に関する各事務所の帳簿を一括して主たる事務所に、従業者名簿を各事務所ごとに備えなければならない。続きを読む
posted by 宅地建物取引主任者 at 23:45| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 宅建勉強過去問等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。