2010年09月16日

宅建過去問 1993-36-1

次の者のうち、宅地建物取引業の免許を受けることができるものはどれか。
(1)A社ーその取締役Bが、3年前に、刑法第233条(業務妨害)の罪を犯し、罰金の刑に処せられ、その執行を終えた。

続きを読む
posted by 宅地建物取引主任者 at 17:19| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 宅建勉強過去問等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

宅建過去門 1996−37−4

次に掲げる法人のうち、宅地建物取引業の免許を受けることができるものはどれか。
(4)D社−その取締り役の1人で非常勤である者が、宅地建物取引業以外の業務に関し刑法の脅迫罪で罰金の判決を受け罰金を納付したが、その刑の執行を終わった日から5年を経過していない。 続きを読む
posted by 宅地建物取引主任者 at 05:40| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 宅建勉強過去問等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宅建過去門 1996−37−3

次に掲げる法人のうち、宅地建物取引業の免許を受けることができるものはどれか。
(3)C社−不正の手段により宅地建物取引業の免許を受けたとして免許の取消処分の聴聞を受けた後で、処分に係る決定前に、相当の理由なく宅地建物取引業を廃止した旨の届け出をしたが、その届出の日から5年を経過していない。  続きを読む
posted by 宅地建物取引主任者 at 05:16| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 宅建勉強過去問等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。