2010年08月28日

宅建 過去門  1996(37−1)

次に掲げる法人のうち、宅地建物取引業の免許を受けることができるものはどれか。

(1)A社−その支店の代表者が、刑法の傷害罪で懲役1年執行猶予2年の刑に処せられ、刑の執行猶予の言渡しを取り消されることなく猶予期間を満了したが、その満了の日から5年を経過していない。答えは、37−4の後に



 ヒントは、執行猶予期間が満了すれば刑の言渡しが効力を失い・・・・
posted by 宅地建物取引主任者 at 01:03| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 宅建勉強過去問等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。