2010年08月28日

宅建 過去門 1996(37−2)

次に掲げる法人のうち、宅地建物取引業の免許を受けることができるものはどれか。

(2)B社−その代表取締役が、刑法の暴行罪で罰金の略式命令を受け罰金を納付したが、その刑の執行を終わった日から5年を経過していない。(4)の  後に


posted by 宅地建物取引主任者 at 01:23| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 宅建勉強過去問等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。