2010年09月16日

宅建過去問 1993-36-1

次の者のうち、宅地建物取引業の免許を受けることができるものはどれか。
(1)A社ーその取締役Bが、3年前に、刑法第233条(業務妨害)の罪を犯し、罰金の刑に処せられ、その執行を終えた。

***
****
****
*****
****
5年間は たって いませんが、
****

罰金を 受けた だけで、宅建業者の免許を受けられないのは?
***

*****
****

できる。
posted by 宅地建物取引主任者 at 17:19| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 宅建勉強過去問等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/162842534
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。